« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »

イトシラダムスの大予言Ⅰ-イトシー

今日は2009.02.11.で建国記念日でした。

そう言えば、、、

2001.O9.11.は言わずと知れたアメリカ同時多発テロの日。。。で全世界が。。。cryingでした。

2005.09.11.は小泉首相の郵政民営化の衆議院選挙の日。。。で野党は。。。cryingでした。

それで 今年の衆議院選挙は2009.09.11.が適当ではないか?

と思い、調べてみると、金曜日でした。

大安だったのに イトシーはちょっと残念でした。。。gawk

まあ、3度目の正直的に、、、男らしく、、、

今年の衆議院選挙は、、、

2009.09.13.(日) であると予言します。

根拠:自民党は先延ばし作戦に出るだろうし、、、翌週に五連休が控えているので、投票率の高い公明党は、20日を希望するかもしませんが、、、先負、、、よって先勝である13日が妥当ではないかと思うのです。

そう言えば 明後日は13日の金曜日か、、、不景気に不吉な予感が漂うサッカー日本代表が釈然としない引き分けに終わった建国記念日の夜でした。。。。とにかく crying

| コメント (0) | トラックバック (0)

解説:オバマ大統領就任式-イトシー

先々週のアメリカ大統領就任式の模様をtaurusイトシーが解説してみます。
Amr0901232044024n11 ジョン・ウィリアムズ作曲の『エア、何とか』という曲を世界的チェリストであるヨーヨーマ氏、ユダヤ人の世界的バイオリニストであるバールマン氏、黒人のクラリネット奏者の○○氏、白人の女性ピアニストの○○さんで構成された四重奏団の演奏に聞き惚れました。
http://jp.youtube.com/watch?v=c3xTU7Crats で視聴できます。それから不確定な固有名詞も確認できます。
(ところがこの演奏が口パク(ヨーヨーマ指示によって二日前に録音されたもの)であることが判明してちょっとがっかりしたのは僕だけではないでしょう)
その後、オバマ大統領の就任演説が始まる前にNHKの同時通訳さんが、寒空の冷気に耐え兼ねたのか、噛んでいました。(別にガムを噛んでいたのではありませんが、、、)
『それでは アメリカ合奏曲第44番 大統領  を こちらに招待します』
 
と聞こえてしまったので腹をかかえて笑ってしまいました。(おそらく、この珍事はNHK内部で語り続かれると思いますが、許されるべきミスであり、口パクよりは絶対に良いに決まっていますよね、、、皆さん)
http://jp.youtube.com/watch?v=7QYvsoVstWg で視聴できます。それから僕自身の若干なる脚色も確認できます。
Amr0901211309029n11 初のアメリカ黒人大統領のオバマ氏のスピーチにはJAZZ音楽にある歯切れ良さと抑揚が感じられました。この点、一方通行の主張しか感じられない麻生首相は見習って欲しいと思いました。(絶対に無理かも?) そう言えば公民権運動のキング牧師の演説にもJAZZだったような、、、
(しかしながら オバマ氏のスピーチの流れとNHKの同時通訳さんの通訳の仕方がアベコベと言うか、難解なのに流暢過ぎると言うか、腑に落ちないのです。そこで新たなる疑惑を抱いてしまいました。つまり、スピーチする前にスピーチ原稿がメディアに流れてしまったのではないか?と言うことなのですが、これは是非、virgoSWEETさんに確認していただきましょう。まさか、そんなことは有り得ないと思いますが 念のため)
 
以上、、、 疑心暗鬼に包まれてしまったような 解説者、、、taurusイトシーでした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年5月 »